サテュロスの祭典

少女ヌード写真の愛好家です。規制法が緩和され、少女ヌード写真美術復興と新作発表を目指し、果たされた暁には、設定年齢と同年齢の子役起用しての完全ノーカット無修正の実写化目指した小説を執筆します。茶化し冷やかし大歓迎、鋭いツッコミはお手柔らかにお願いします。#少女愛 #少女ヌード #西村理香 #力武靖 #清岡純子

紅兎〜革命編〜押絵

時は、ゆっくりと流れて行った。
やがて、訪れる別れの日など、忘れてしまったように、皆、穏やかに平和に過ごしていた。
軽やかな鈴が鳴る。
「いらっしゃいませ、ようこそご参拝を…」
参集殿玄関口で、由香里が参拝者を出迎え言葉を交わすと…
「アッちゃーん、種付参拝よ。」
境内で、専用の鈴を鳴らしながら、希美と遊んでいた亜美を呼んだ。
「はーい。」
亜美は、大きな声で返事をすると…
「それじゃあ、また、後でね。」
「お姉ちゃん、遊ぶ…」
希美は、亜美の袖をひっぱり、今にも泣きそうな目を向けた。
「ごめんね、すぐ、戻ってくるからね。」
「遊ぶ…」
希美は、いよいよグズつきそうになると…
側で、愛が抱いていた赤子も、ホギャホギャとぐずり出した。
「ほーら、サナちゃんはお姉ちゃんでしょう。赤ちゃん、泣きそうよ。行ってあげないと…」
亜美が、そう言って希美の頭を撫でてやると…
「うん。」
希美は、涙で濡れかけた目を擦りながら、赤子の方に向かった。
「赤ちゃん、カーイー。カーイー。良い子、良い子…」
希美が、赤子の顔を覗き込むなり、ベソかきが嘘のように笑顔になって、小さな頬を撫で撫でし始めた。
亜美は、赤子をあやす希美に、愛しそうな笑みを残して、参集殿裏手の神饌所に向かった。
「相変わらず、希美ちゃんをサナ姉ちゃんと思ってるでごじゃるか…」
朱理は、亜美の背中を見送ると、ボソッと言った。
「良いんじゃないの。それで、前のアッちゃんに戻ってくれるんならさ。」
雪絵は、相変わらず、竜也といちゃつきながら言う。
そこへ、箱いっぱいのお菓子を抱えた、政樹と茜が駆けつけてきた。
「おーい、見てくれ!新作ができたぞー!」
「あれま…ユカ姉ちゃんが、受付やってるのを良い事に、また…」
雪絵が呆れ顔で言うと…
「おーかーし、おーかーし。」
希美が、満面の笑みで、菜穂の顔を見上げた。
「我慢、我慢、お利口…駄目?」
菜穂は、涙目になりそうな希美の頬を撫で…
「ううん、良いのよ。行ってらっしゃい。」
そう言うと、希美はまた、顔をクシャクシャにして笑い、トコトコと政樹と茜の方に向かった。
「ねえ、赤ちゃん、少し預かってあげようか。愛ちゃん、マサ兄ちゃんと茜姉ちゃんのお菓子、大好きでしょ。」
菜穂が、横から赤子の頬を撫でて言うと…
「ううん。菜穂姉ちゃんこそ、甘いものに目がないじゃない。私は、みんなが食べて、余ったもので良いわ。
それに…
私よりこの子がお腹空かせてるから…」
愛は、慣れた手つきで乳首を赤子に咥えさせながら言った。
赤子が、勢いよく乳を飲み始める。
「ねえ…」
菜穂は、赤子の顔を見つめながら…
「この子も、きっと、マサ兄ちゃんと茜姉ちゃんのお菓子、見たいんじゃないかな。」
さりげなく、愛を立たせて言った。
「見せてあげよう。」
「うん。」
愛も、誘われるままに、政樹と茜の方に向かった。
「わあ!カーイー!」
希美が、茜の箱いっぱいに詰め込まれた、動物や草花、お人形を象る練り切りと金団をながめまわしながら、声を上げた。
「えっへん!どーじゃー、凄いポニョー。」
茜は、希美と言うより、朱理に当て付けるように、鼻の下を擦りながら、得意げに言った。
「茜姉ちゃん、私の真似して、酷いでごじゃるーーーー!」
朱理は、(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾←こう言う顔して、キーキー言うと、そこに居合わせた一同、クスクスと笑い出した。
「待て待て、これで驚いちゃー、いけないよ。俺の傑作見ておくれ!」
政樹は言うと、自分の箱の中から、自作の羊羹と練り切りを取り出した。
「何、これ…ただの羊羹じゃない。」
雪絵がつまんなそーに言うと…
「こいつは、ただの枝…まあ、よく出来てるのは確かだけど、地味だね。」
竜也が、政樹の練り切りを摘んで眺めながら言った。
菜穂と愛も、二人ほど辛辣な言い方はしなかったが、眉を顰めて首を傾げた。
すると…
「そう、捨てたものでもないぞ…」
秀行が、横からボソッと言って、枝を象る練り切りを、日にかざしてみせた。
政樹と茜が、互いの顔を見合わせ、大きく頷きあいながら、ニマッと笑うと…
「アーーーッ!」
一同、思わず大声をあげた。
それまで、ただの木の棒でしかなかった練り切りから、楓の紅葉が現れ、キラキラと輝き出したのだ。
「凄ーい!どうやって、作ったの!」
「これで、驚いちゃー、いけねえよ。ヒデ兄、そいつを裏返してくんなー。」
政樹が、雪絵に答える代わりに言うと、秀行は言われるままに、練り切りを裏返した。
「エーーーッ!!!」
忽ち、また、驚嘆の声があがった。
今度は、銀杏の黄葉が現れ、キラキラ輝き出したのである。
更に、政樹は、自作の羊羹を取り出し、木の枝の練り切りと少し離して、日にかざした。
すると、羊羹の中から、満月と星々が出現し、キラキラ輝き出したのである。
それだけではない。更に、出現した月明かりは、木の枝の練り切りを照らし出したのである。
「わーーー!」
皆、ポカンと口を開ける中…
「ハーシ、ハーシ、美味しいね。いっただっきまーす。」
一人、希美は懐から自前の綺麗な箸袋に入れられた箸を取り出すと、茜の作った練り切りを、モグモグ食べ始めていた。
どうやら、政樹の凝った菓子の仕掛けには興味ないらしい。
その時…
「まあ!本当に綺麗で、素敵なお菓子だこと!」
後ろから、突っ慳貪な声が聞こえてきた。
思わず、ビクッとした政樹と茜が、恐る恐る振り向くと…
案の定、眉にしわ寄せ、口をへの字にして腕組みする由香里が立っていた。
「ゲッ!」
「ユカ姉ちゃん!」
政樹と茜が、忽ち蒼白になった。
「ところで、あんた達!お願いしていた、煮物とお浸し、出来てるんでしょうね!」
「いや、あの…それは…」
「ポヤポヤ、ポニョポニョ…」
政樹と茜が、指先で頭を掻きながら、互いの顔を見合わせていると…
「さーて、ちょっと厨房の様子を見に行こうかしら…ネッ!」
由香里は言うなり…
「わーっ!痛え!」
「痛いポニョ~!ユカ姉ちゃん!痛い!痛い!」
悲鳴をあげる、政樹と茜の耳を引っ張って行った。
「あーらら…あの二人、また、頭をコブだらけにするわね。」
「全くだ…」
雪絵と竜也は、互いの顔を見合わせると、両手を広げて首を傾げた。
「さーて、腹拵えしたら、私の新作着るでごじゃるよ。」
「わあ!良いわねー!希美ちゃん、アケ姉ちゃんが、また着物を縫ってくれたんだって!今度は、どんな着物を縫ってくれたのかなー!」
お菓子を存分に食べ、満足そうに笑う希美に、口々に言うと、朱理と菜穂は、希美の手を引こうとした。
「ちょっと、待ってよ!」
雪絵が、慌てて、二人を制止する。
「希美ちゃん、これから、私達と鞠付きと羽根つきをするのよ!ねー、リュウ君。」
「え…あ…うん…」
竜也は、少し困った顔をして口ごもらせながら頷いた。
「何言ってるのよ!希美ちゃん、身体弱いのよ!」
「そーでごじゃる!そーでごじゃる!鞠付きに羽根つきなんて、希美ちゃんの身体に良くないでごじゃる!」
菜穂と朱理も、負けじと希美を連れて行こうとする。
希美は、自分を取り合う、お姉ちゃん達の事が良く分からず、困った顔して、愛の方を見た。
愛も困った顔をして、首を傾げていた。
「希美ちゃん、おいで。」
愛がそっと手招きすると、希美はトコトコと側に寄って行った。
「困ったさんねー。」
愛は、喧嘩するお姉ちゃん達の方を見ながら、救いを求めるように袖を引っ張る希美に肩を窄めて言うと…
「困ったさんねー。」
希美も、同じ仕草をして言った。
喧嘩は、一層白熱し、双方一歩も引く気配なし…
希美は、大好きなお姉ちゃん同士の喧嘩に、ベソをかきそうになっていた。
「赤ちゃん、お腹いっぱいになったから、希美ちゃんも飲まない?」
不意に、愛が赤子が漸く口を離した乳房を差し出して言うと、希美は、忽ち満面の笑みとなった。
「良いのー」
「良いわよ。」
愛が、大きく頷くと、希美はゴロゴロ喉を鳴らしながら、愛の乳首に被りついた。
愛は、大きな赤ちゃんのような希美を抱くと、愛しそうに頭を撫でてやった。
片方の腕の中で、スヤスヤ寝息を立てる赤子の温もりと、もう片方の腕の中で、夢中になって乳首を吸う希美…
どちらの温もりも、とても柔らかくて暖かく心地良い。
二人とも、ミルクのような甘く良い香りがする。
愛は、二人の温もりと香りとに、眠くなってきそうになる。
何て愛しいのだろう…
愛は、二人に頬ずりしながら思った。
和幸は、少し離れた所から、静かにこの光景を見つめていた。
「希美ちゃん、益々元気になってきたな。」
私が言うと、和幸は底深な眼差しを向けてきた。
相変わらず、心の読めぬ目をしている。
「まだ、権禰宜になるつもりか?私と一緒に戦いたいのか?」
和幸は、答える代わりに、希美達の方に目線を戻した。
「ひょっとしたら、あの子は、もっと長く生きるかも知れん。大人にもなれ、恋も出来れば、嫁にも行けるかも知れん。
それでも、戦うのか?」
「だからこそ、戦うのです。」
和幸は、重い口を開いて言った。
「あの子を置いてか?万が一、カズ君が死ねば、あの子はどれ程悲しみ傷つく事か…」
「僕が死んでも…父さんが、楽園を築いて下さる。神領を、北の楽園のようにして下さる。
希美ちゃんも、ナッちゃんも…他のみんなも、楽園で幸福に生きられる。」
周恩来…まだ、彼を信じているのか?」
「信じろ…そう、仰られたのは、あなたです。」
和幸は、そう言うと、もう一度、私の方を見つめた。
「爺じこそ…このまま、愛ちゃんを引き渡して良いのですか?あの日、トモちゃんが、ナッちゃんに見せたアルバムの子達…百合さんの幼い子達の姿は、そのまま、愛ちゃんが三諸島で産まされる混血児達の運命なのですよ。」
百合の子達…
神朝大宮社で過ごした日々の事を、百合は何一つ語らない。
私初め、周囲も決してその事に触れようとはしない。
一度だけ…
百合は、その時の事に少しだけ触れた時がある。
菜穂が和幸の子を産み、どうしても自分で育てたいと言った時であった。
百合は、一冊のアルバムを胸に抱きながら、赤子を決して離すまいとする菜穂の側をうろうろし続けた。
何度も、そのアルバムを菜穂に見せようとしては、それができずにいたのである。
『百合さん、それ、見せて頂いてもよろしいですか?』
声を掛けたのは、智子であった。
百合は、何も答えず、アルバムを強く抱きしめたまま、口を引き結んで俯いた。
『私には、その中身は分かってます。よく分かっています。』
智子は、そう言うと、自分が片時も離す事のなかったアルバムを開いて見せた。
『これは…』
顔色を変える百合に、智子は大きく頷いた。
『美香ちゃんです。』
百合は、自らの抱きしめていたアルバムを智子に差し出した。
『これは、百合さんの子供達ですね。』
智子が、アルバムのページを開きながら言うと、百合は声を上げて泣き崩れた。
『可哀想に…百合さんの子供達…まだ、オムツが外れて間もないうちから、こんな目に…可哀想に…』
智子もまた、止めどなく涙を溢れさせた。
『これ、お借りしても…ナッちゃんにお見せしてもよろしいですか?此処で産んだ子を、此処で育てる意味を、教えたいと思います。』
智子が、アルバムを見終えて言うと、百合は尚も泣き続けながら頷いた。
「心を決めて頂けませんか?」
和幸は、相変わらず冷たく光る眼差しを向けて言った。
「心を決める?」
権宮司様のお言葉をお借りすれば、和邇雨一族をぶっ壊すべきです。
ただし…
逓信と運輸を領民に委ねたくらいでは、実現不可能ですけどね…」
「革命か…」
「爺じが決起し、権宮司様がのって下されば可能です。」
神領の領民を巻き込んでか?罪なき人々の暮らしを破壊し、命を奪ってか?」
「革命に犠牲はつきもの…」
「その犠牲に、真っ先にさせられた、鱶背社領の紅兎…目明組(めあかしぐみ)達が全滅したな。それで、誰か幸せになれたのか?紅兎の事も、革命の事も何も知らぬ鱶背社領の白兎達には、何故居なくなったのか、死んだのか、殺されたのかもわからぬ黒兎達への悲しみだけが残ったぞ。赤兎のコトちゃんは、去年死んだ。最後まで、既に死んでる平次君達が、北の楽園から迎えに来て、チマチョゴリを着せてくれるのを楽しみにしてな。
死ぬ直前まで、大勢の男達に寄ってたかって弄ばれ、御祭神を破裂させて、苦しみながら悶え死んだそうだ。」
私が言うと、和幸は一瞬眉を顰めたが、また、あの無表情な顔に戻って、その場を去って行った。
菜穂・朱理と雪絵の、希美を取り合う白熱の戦いは続いていた。双方、一歩も譲らず、自分達と遊ぶのだと、歯を向き出し、今にも掴み合いそうな状況であった。
「ねえ!リュウ君も何か言ってやって!私達、希美ちゃんと遊んであげる為に、一睡もしないで、新しい羽子板と鞠を作ってあげたんだからね!」
「いや…作ったのはおいらで、ユキ姉、いびきかいて寝てたし…」
「ほらっ!リュウ君!リュウ君ってば!どうして、あなたっていつもそうなの!内気で、物怖じして、大人しくて、私がいないと、思ってる事何も言えやしない!男なんでしょ!たまには、思ってる事、はっきり言いなさい!」
凄まじい女の戦いに、話を振られて目を丸くする竜也に…
「おまえ、内気でおとなしかったのか?」
秀行が、ボソッと横目を向けて尋ねた。
「まあね…ユキ姉に何も言い返せないのは確かだね。ヒデ兄は、亜美姉に何か言い返せるのか?」
竜也が逆に聞き返すと…
「そう言えば…参集殿の受付、いなくなったな…」
秀行は、答える代わりにそう言って、さっきまで由香里が番をしていた、参集殿受付所に向かった。
振り向けば、女の戦いは、更に白熱化してた。
「スゲェ…」
呟きながら、竜也は、このままずっと一日が、毎日が終わってくれれば良いと思っていた。
亜美を連れ去った鈴の音色…
次は、誰を連れ去って行くのだろう。
自分であれば良いと思う。
男好きの種付参拝に、自分が弄ばれている間、町の女の子達と同じように、みんな過ごせれば良いと思う。
それでも…
ふと振り向けば、片腕に赤子を抱き、もう片方の腕に、夢中になって乳首を吸う希美を抱く愛が目に留まった。
希美は、一応、十歳とされている。しかし、本当の年齢はよくわからない。ひょっとしたら、愛と同い年かも知れない。それでも、中身がまだ三歳以下だと言う希美を、愛は赤子と同じように可愛がっていた。
竜也は、思わず目尻を下げつつ、胸の疼きを覚えた。
一年前、参籠所…彼らの言う所の隠砦に籠るまで、愛は全裸で、神饌所玄関口に立たされていた。
兎神子の種付け参拝の作法は、まず、神饌所に入り鈴を鳴らす。社の誰かが出迎えたら、『御祭神様に、玉串を捧げに参りました。』と一声かけ、種付けたい兎神子の名が記された玉串と規定の玉串料を手渡す。すると、希望する兎神子と共に、神饌所奥の浴室に入り、互いの身体を清め合う。十分身体を清めあったら、種付部屋に通され、種付の祭祀が始められるのである。
しかし、赤兎に種付けるのに、その作法はない。
種付け参拝が訪れると…
『いらっしゃいませ、ようこそお詣り下さいました。どうぞ、ご参道にお通り下さい。』
赤兎は、両足を広げて座り、指先で参道の神門を押し広げてみせる。
もし、そのまま赤兎に種付を希望するなら、鈴を鳴らし、出てきた社の誰かに、一言、『参道に詣でさせて頂きます。』と言えば良い。
社の者が一言、『どうぞ、ご参拝を。』と返事をすれば、それで終わりであった。
浴室と種付部屋を使うなら、他の兎神子同様の玉串料を支払わねばならないが、連れ出して種付するなら、その必要もなかった。何処で何刻種付けしても、自由であった。
ふと懐に手を忍ばると、二つの羽子板が入っていた。昨夜、一晩かけて押絵を描いた羽子板である。
リュウ兄ちゃん、あーそぼ。』
竜也は、羽子板を手にしながら、在りし日の愛の声が耳奥に聞こえて来た。
あの日も、愛は全裸で神饌所殿玄関口に立たされていた。
いても立ってもいられず、様子を見に来た時…
『いらっしゃいませ、ようこそお詣りに下さいました。どうぞ、ご参道にお入りください。』
丁度、数人の男達の前で、愛は脚を広げていた。
『やあ、愛ちゃん。今日も、可愛い参道に入らせて貰うよ。』
『でも、おじさん達、目が悪くて、参道の入り口がわからないなー。ちょっと、案内して貰えないかなー。』
『そうそう、指先でそうやって。愛ちゃん、案内上手になったじゃないか。』
愛は、男達に言われるままに、指先でそこを弄り回した。
『そうそう、その皮をめくって、突起を摘んで、転がすように揉む。上手い上手い、上手いぞ。』
『コイツ、いっちょ前に濡れてきてやがる。』
『でも、まーだ入り口がわからないなー。どれどれ、ちょっと探ってみるか。』
男の一人が言うと、愛の参道に指先を捻り込みだした。
『ウゥッ!』
愛が呻き出すと、男は満悦な顔をして、更に指先を中で掻き回しだした。
『アァァーッ!』
愛が、凄まじい声をあげる。
『ほらほら、ジッとしてろって。』
『そーら、段々気持ちよくなってきたろう?もっともっと、良くしてやるからな。』
別の男達が愛の手足を押さえつけると、男は一層荒っぽく指で掻き回した。
『キャーーー!』
愛は、首を振り立て、身を捩って声をあげた。
『愛ちゃん!』
竜也が、思わず中に駆け込むと…
『何だ、竜也じゃねえか。』
『ちょうど良い所に来たな。』
『鈴を鳴らす手間が省けたぜ。』
男達は言うなり、その場で褌を脱ぎ、愛にのし掛かり始めた。
『よせ!』
竜也が、思わず止めに入ろうとすると…
『何だ、竜也。赤兎への種付自由は、領民なら身分の上下関係なし、末端の乞食にまで認められた権利だぞ。』
『まあまあ、そう凄むなって。竜也だって、いくら男色共に女みてえに種付されても、中身は男だもんな。やりてえのは同じさね。』
『そこで待ってろ、おじさん達は、すぐ終わるからな。』
男達は、口々に言って笑い飛ばすと、褌の中から出した穂柱を、愛の表参道と裏参道と口の中に捻り込んだ。
『ウグッ…ウグッ…ウグッ…』
愛は、乱暴に三つの孔を抉られながら、涙目で呻き出した。
そうして、半刻半ほど過ぎ…
『さあ、竜也、おまえの番だぞ。』
『存分に楽しめよ。』
愛の中に存分に出し尽くした男達は、ニヤニヤ笑いながら、竜也の頭を撫でて、去って行った。
その場に横たわったまま、身動きとれない愛を前に、竜也はどんな言葉をかけてやって良いか、どうしてやって良いかわからず、ただ、涙ぐんでいた。
すると…
『はい、これ。』
漸く起き上がった愛は、何処からか羽子板を二つ持ってくると、そのうち一つを、竜也に手渡した。
羽子板には、美しい押絵が描かれていた。
リュウ兄ちゃん、あーそぼ。』
「遊ぼうか…」
竜也は、あの日の愛の面影に向かって答えると、まだ、夢中になって愛の乳首を吸う希美の側に行った。
「きーみちゃん。」
竜也が声をかけると、希美が、乳首を咥えたまま、ニコニコ笑って、振り向いた。
「オッパイ貰えて、よかったね。」
希美は、一層、嬉しそうに笑って見せた。
竜也もニコニコ笑って返すと、懐から二つの羽子板を取り出して見せた。一つは、子犬の押絵の羽子板であり、もう一つは、子猫の押絵の羽子板であった。
「わんわん、にゃんにゃん。」
竜也は、犬猫の鳴き声を真似ながら、羽子板を交互に振って見せた。
「わー!カーイー!」
希美は、愛の乳首から口を離すと、二つの羽子板に魅入った。
「まあ!それ、リュウ兄ちゃんがこしらえたの?」
愛も、感嘆の声を上げた。
「まあね。昔、愛ちゃんに教わったのを思い出しながら、作ってみたよ。うまいもんだろう?」
「うん、凄く上手。可愛いわね。」
「だろ。」
竜也は、愛を真似て片目瞬きをすると、愛はクスクス笑いだした。
「わんわん、希美ちゃん遊ぼう。にゃんにゃん、希美ちゃんと遊びたいニャ。」
竜也は、再び希美に向かって羽子板を振りながら言うと…
「遊ぶ、遊ぶ。」
希美は、泳ぐように手を伸ばした。
「赤ちゃんにも、見せてあげよう。」
龍也は、希美に羽子板を手渡しながら、言うと…
「うん。」
希美は嬉しそうに頷き…
「赤ちゃん、わんわんとにゃんにゃん。遊ぶ、遊ぶ。」
と、口ずさみながら、手渡された羽子板を、赤子に向けて振って見せた。
赤子は、ケラケラと笑いだした。
釣られて、希美が笑い出し、愛が笑い出した。
龍也も、一緒に笑った。
「それにしても、まだ、やってるよ…」
竜也は、まだ、希美を巡って続けられている女の戦いに目を向けると、呆れた顔して言った。
「なんか、みんな変わらないね。」
愛も呆れた顔しつつ、しかし、何処か懐かしむように言った。
『愛ちゃんは、私達と羽子板と鞠付きをするのよ!』
『それから、ゴム跳びをして、縄跳びもするの!』
お転婆な町の女の子達を味方につけた雪絵が、ガンとして譲らなければ…
『何を言うでごじゃるか!愛ちゃんは、ナッちゃん達とお人形遊びをするでごじゃる!』
『そうよ!そうよ!それから、一緒に絵を描いて、アケちゃんの縫った着物を着せて貰うのよ!』
『ポーヤポーヤ、それから、一緒にお菓子も作って、ポニョポニョ…』
大人しくてお淑やかな?町の女の子達を味方につけた朱理と茜も、一歩も譲ろうとはしなかった。
当時は、今と違って、本当に大人しかった菜穂は、ひたすら、眉をしかめながら、朱理達の言葉に頷いていた。
『どっちでも良いじゃーん、早く遊ぼうよ。』
太郎達男の子がぼやけば…
『まあまあ、女の白熱した戦いってやつも、なかなかの見ものだ。しばらく、見物してようや。』
そう言って、貴之は、太郎の肩をポーンと叩いて、笑い…
『ねえ、リュウ君も何か言ってやって!あんた、男でしょ!愛ちゃんと遊ぶ為に、私達、みんなの分まで、羽子板と鞠を寝ずに作ったじゃない!』
『いや、作ったのはおいらで、ユキ姉は、ずっと煎餅食ってたし…』
『ポヤポヤ、マサ兄ちゃんも言ってやって!私達、ユカ姉ちゃんにバレては、頭を打たれながら、お菓子作りの準備してたポニョ~!』
『いや、バレたら速攻、茜ちゃんはトンズラして、殴られたの俺一人だし…』
政樹と竜也は、例によって、雪絵と茜に味方するよう強要されて、困り果てていた。
『もう!あんた達、いい加減、喧嘩はやめなさい!』
亜美は、喧嘩する双方に怒鳴り散らしつつ…
『あんた達、何ボサッと見てるのさ!男なんでしょう!何とかなさい!何とか!』
と…
何故か、貴之の頭ばかりを薪木でポカポカ殴りつけながら、男の子達を怒鳴り飛ばしていた。
『痛え!何で、俺ばっかり殴るんだよ!』
『この悪魔!ケダモノ!人でなし!昨日もサナちゃんにちょっかい出してたでしょう!許さないんだから!』
『おいおい!そっちかい!』
と…
そんなやりとりが延々と続く中…
当の愛は、身重で殆ど一人で歩けなくなった早苗の所に、竜也が一晩かけて作ったと言う羽子板の山を持ってきて、何やら始めだした。
『まあ、可愛い。』
早苗は、和幸と秀行が交代で押す、兎を象り、両脇に無数の楓を彫刻された箱車の中で、ニコニコ笑って眺めだした。
和幸と秀行は、感心深げに見つめている。
やがて…
愛が、出来上がったものを早苗に手渡すと…
『わあ!可愛い!』
『それ、愛ちゃんが書いたでごじゃるかー!』
『愛ちゃん、凄いわねー。』
『ポヤポヤ、ポニョポニョ…』
それまで喧嘩していた女の子達が、一斉に周りに集まって、感嘆の声をあげた。
『赤ちゃん、愛ちゃんがね、とっても可愛い押絵を描いてくれたのよ。産まれてきたら、お母さんと一緒に見ようね。』
早苗は、お腹の子にそう言うと…
『坊や、よしよし。良い子良い子。お母さんと一緒に遊びましょうね。』
愛に手渡された羽子板を抱きしめ頬擦りした。
そこには、可愛い男の子の赤子が、スヤスヤ眠っている押絵が描かれていた。
『ねえ、みんなも、愛ちゃんと一緒に、羽子板に押絵を描かない?』
早苗は、ひとしきり、本物の赤子を抱くように羽子板を抱いて頬擦りした後、皆に向かって言った。
『賛成!』
『ねえ、愛ちゃん、私達にも描き方教えて。』
『お願い。教えて、教えて。』
女の子達も一斉に声を上げて言った。
すると…
『嫌よ。私、喧嘩する人嫌いなの。』
愛は、プイッとそっぽ向いて言った。
『そんなー…』
忽ち、女の子達は、しょんぼり俯いた。
『みんな、喧嘩ばかりするから、もう遊ばない!』
愛が更に言うと…
『ごめんでごじゃる…もう、喧嘩はしないでごじゃる…』
『ポニョポニョ…』
朱理と茜は、ベソベソと泣き出した。
『愛ちゃん、ごめんなさい…』
『もう、喧嘩しないから…仲良くするから、許して、お願い…』
雪絵と菜穂が言うと…
『ごめんなさーい。』
女の子達も、一斉に悲しそうな声を上げて、頭を下げた。
『どーしよーっかなー。』
愛が、まだ、そっぽ向いて言うと…
『私からもお願い。許してあげて。』
早苗が、羽子板を抱きしめたまま、優しく笑いかけ…
『ねえ、赤ちゃん。愛ちゃんは、とっても優しい子ですものねー。きっと、みんなと遊んでくれるわよねー。』
お腹の赤子を愛しそうに撫で撫でしながら言った。
『しょうがないわね…』
愛は、漸くみんなの方に振り向くと…
『みんな、もう喧嘩しないで、仲良く遊ぼうね。』
と、実に大人びた口調で言いながら、ニッコリ笑って片目瞬きをして見せた。
「何か、こうしてみると…時間が止まっているみたい。」
愛は、飽きもせず続けられている女の戦いを眺めながら言った。
「本当に、止めてしまいたいさ。」
竜也は、愛の腕の中で笑う赤子と、赤子をあやして笑う希美を見つめながら、寂しげに言った。
リュウ兄ちゃん…」
愛が首を傾げると…
「いや、何でもないさ。」
竜也は、慌てて笑顔を戻した。
やがて、赤子は何処かに貰われ…
愛は三諸島に連れ去られ、更なる地獄の日々を迎える事になる。
そして…
今は元気だが、希美に残された時間は、二ヶ月を切ってしまっている事を、竜也も知っていた。
竜也は、今にも溢れ出しそうな涙を、必死にこらえていた。
失いたくない…
赤子も…
愛も…
希美も…
この平和なひと時も…
と…
竜也は、不意に、彼方に目を止めた。
和幸が立っていて、ジッとこちらを見つめている。
『カズ兄…』
和幸は、竜也が見つめ返した事に気付いてか気付かずにか、プイッと後ろを向いて、去って行った。
その時…
「まあ、可愛いでごじゃるーーーー!」
希美が手に持つ羽子板に目を止めて、朱理が声を上げた。
「本当、可愛い!」
菜穂も、続けて声をあげた。
「お母さん、わんわん、にゃんにゃん。」
希美は、トコトコと菜穂の側に寄って行くと、羽子板を振って見せた。
「それ、どーしたの?」
菜穂が、希美の頭を撫でながら言うと…
「えっへん!どーじゃー、凄いじゃろー!」
雪絵は、先の茜同様、菜穂にではなく、朱理に当てつけて、鼻の下を指先で擦りながら言った。
「ユキ姉ちゃん…」
すかさず、朱理が振り向き睨みつけると…
「私の真似して酷いでごじゃるーーー!」
またしても、出鼻を挫くように、雪絵は、朱理を真似て、(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾←こう言う顔して言った。
朱理は絶句して、*1⊃))←こう言う顔になった。
「これね、昨夜、私とリュウ君で寝ないで作ったのよ。」
雪絵は、構わず得意げに言った。
「だから、作ったのはおいらで、ユキ姉は寝てたじゃん…」
竜也がぼやきながら、もう一度、和幸がいた方を見つめた。
和幸は、既に姿を消していた。
『目明祠…』
竜也は心の中で呟くと、双眸を鋭く細めた。
「ほーら、他にもこんなに作ったのよ。」
雪絵は、年下の恋人の顔つきが急に変貌した事にも気付かず、更に、竜也と二人で作ったと言う、厳密には竜也一人に作らせた作品の山を広げみせた。
「わー、カーイー。」
希美は、リス、兎、熊…その他、いろんな押絵の描かれた羽子板に、目をキラキラさせた。
「そー言えば、愛ちゃん、切り絵も上手だけど、押絵も上手なのよね。」
菜穂が言うと…
「そうそう、愛ちゃんの押絵は、凄いでごじゃるよー。」
朱理も続けて言った。
「そうだわ!ねえ、久し振りに、愛ちゃんと一緒に押絵を描かない?」
「良いわねー。実は、まだまだ描けてない羽子板、たくさんあるのよ。」
雪絵も言い…
「描くでごじゃる、描くでごじゃる!」
朱理も、飛び上がって賛成した。
すると…
「嫌よ。私、喧嘩する人嫌いなの。」
愛は、プイッと、そっぽ向いて言った。
「みんな、喧嘩するから、もう遊ばない!」
「そんなー」
忽ち、みんなしょんぼり俯いた。
「ごめんで、ごじゃる…もう、喧嘩しないでごじゃる…」
朱理は、忽ちベソをかきだした。
「愛ちゃん、ごめんなさい。もう、喧嘩しないわ。」
「仲良くするから、許して…」
菜穂と雪絵も、今にも泣きそうな目をして言った。
「どーしよーっかなー…」
愛は、言いながら、チラッと皆の方を見た。
すると…
「遊ぶ…」
希美が、愛の袖を引っ張りながら、鼻を鳴らして、目に涙を浮かべ出した。
「ホギャ…ホギャ…」
続けて、赤子もグズつきだした。
「本当にごめんでごじゃるーーー!」
朱理の方は、希美より早く、本泣きになり始めていた。
「しょうがないわね。それじゃあ、みんな、もう喧嘩なんかしないで、仲良くするのよ。」
愛は、大人びた口調で言うと、にっこり笑って、皆の方に振り向いた。
すると…
「はーい!」
全員、満面の笑みで手を挙げる中…
『あれ?』
愛は、竜也が姿を消してしまった事に気がついた。
『何処に行ったのかな?』
さっきまでの喧嘩が嘘のように、仲良く無地の羽子板を皆で分け合う中…
愛は、辺りを何度も見回しながら、竜也の姿を探し求め続けた。

*1:⊂((〃≧⊥≦〃